私が好きな蟹の食べ方はカニグラタン

私がダイスキな蟹の食べ方は、カニグラタンです。最初はもちろん、普通に茹で蟹にして食べます。蟹の旨味って、何もせずに茹でただけで食べても濃厚でうっとりしてしまいますよね。でも、カニグラタンに重要なのは身の部分よりも、ハサミやら腕やら、甲羅の部分に残ってしまった身のほぐし部分と、カニ味噌。それから何より、全てを出し終わった後の甲羅なんです。カニ味噌と通常の味噌とを混ぜあわせた通常のソースを、ホワイトソースの上からさらに塗って焼くだけ、作る工程は普通のグラタンと変わらず、グラタンの素を使用すればOK。もちろん具にも蟹を入れます。そして出来上がったグラタンを、蟹の甲羅に移し替えるんです。蟹のエキスの残りがグラタンと混じり合いますし、見た目もとても豪華でオシャレに見えます。この食べ方は本当に気に入っています。残った甲羅は、最後にお味噌汁などの出汁にして、最後まで再利用できます。この食べ方によって、蟹を本当に最後の最後まで味わいつくすことが出来るんです。

コメント:いままで蟹をグランンにしてしまうと、蟹の美味しさがそれほど味わえないというか、ちょっともったいないような気もしていたのですが、実際はそんなことなさそうですね。逆に、蟹を美味しさを満喫できる方法だということが知れてよかったです。蟹というと、和風の食べ方(蟹しゃぶとか)が蟹の食べ方の醍醐味と思いがちですが、洋風の食べ方もこれからどんどん取り入れて、蟹を満喫したいと思います。

 


ページのトップへ戻る