蟹は出汁が利いている鍋で食べるのが好き

私は蟹は鍋で食べるのが好きです。その理由は蟹の風味が汁に染み込んで、良い味を醸し出すからです。鍋には蟹以外にも様々な食材を入れるので、良い出汁が利きます。蟹にいろんな食材の風味がついて、ただでさえおいしいものがよりおいしいものに変わるのです。蟹はしょっちゅう食べる食材ではないため、食べる時にはこれでもかというくらい食べます。鍋料理なので少し冷ましてからでないと殻を剥くことができませんが、殻を剥いた後に出汁に通せば、ちょうど良い熱さになるのです。ただ私は不器用なので、殻をうまく剥くことができず、なかなか食べる段階にいけないことがたまにあります。蟹は部位によって簡単に剥けるときと剥けないときがあり、後者の場合だと身が殻からうまく剥がせないのです。なので包丁で殻に切込みを入れて、身を完璧に剥がすのですが、これがなかなかに面倒な作業なのです。しかし苦労したからこそ、蟹がより美味しく感じることもまた事実なのだと思います。

コメント:たしかにこの方のように蟹を鍋にして食べるのって美味しいですよね。出汁なんて本当に最高。かに鍋を楽しんだ後に、その汁でご飯を入れておじやにして食べるのなんて、冬の贅沢の極みといってもいいかもしれません。蟹の食べ方は何がいいかなと、いろいろと思いをはせる季節でありますが、今年の冬は是非、かに鍋にもチャレンジして下さい。

 


ページのトップへ戻る